フォーサイスグループは海外進出へ

HOME > グローバル事業

国内サロンのグローバル化を行い、

日本の美容の
「おもてなし文化」
提供したい

来る少子高齢化に備えるため、設立当初から主軸の一つとしたグローバル展開

日本はこれから少子高齢化が進み、国内市場は頭打ちになる。そこで今までと同じような「待ち」の姿勢いたら、 ますます美容師を取り巻く環境は悪くなる…。そう感じて、サロンのIT化やグローバル化を推し進めています。

創業3年目に、韓国や中国に出店のための市場調査に出かけました。それがきっかけでウィッグやエクステンションの 工場と提携することができ、サロンでオリジナル商品を扱うようになりました。

美容に関して外国語でやりとりできるように、専属講師によるレッスンを実施

その頃から自社において海外へのサロン展開を行うのは、社会情勢や人材育成などの面から、 すぐにできるものではないと感じていました。そこで、”海外に出ていく”という発想だけでなく、 現在日本にいる外国人や観光で訪れたを自店でおもてなしする、というインバウンド美容室の発想の2つでグローバル化を考えるようになりました。

具体的には、サロンにいらっしゃる外国のお客様にアンケートを取ったりして、日本のサロンでは当たり前でも 外国の方から見て新鮮だったり、クレームの原因になる要素を洗い出していったのです。 例えば、シャンプー後のマッサージのサービス一つ取っても、外国の方の感覚からすれば 「マッサージは有料の技術。それを勝手におしつけられた!」と感じて怒り出す方もいるのです。 こうしたギャップは”いい悪い”ではなく、お互いに理解する必要があります。 弊社のサロンでは「international service」「international thinking」と呼んでいますが、 インターナショナルな視点で自国や自店のサービス・考え方を捉え直すことで、外国人のお客様とのトラブルなどを未然に防ぐ機会をつくっています。

それと同時に欠かせないのが、コミュニケーション力です。これは外国語の習得たけでなく 「慣れ」も必要になります。そこで、2年前から英会話講師を社員に迎え入れ、美容のサービスに役立つ英会話を月に2〜3度ほどレッスンをしています。さらに海外の方向けに英語のフェイスブックやHPを立ち上げて、 外国人のお客様などとハロウィンやクリスマスなどのイベントパーティーを月に一度行っています。

また外国の方をカットモデルにお呼びし、カウンセリングから仕上げまですべて英語で行う 練習を定期的に実施。こうした機会は本社が主導となり、セッティングしています。 オーナーが口だけで「外国人に慣れろ」と言っても、スタッフの立場からしたら、 「日々の仕事だけで忙しいのに…」という気分になると思いますので。

海外戦略は海外にでることだけではない。日本にいる外国人を「もてなす」発想も大切

外国の方も英語で受け入れが可能ということをアピールするために、最初は英語がある程度できるスタッフを 4名ほど選出し、英語のサロンのHPで紹介したり、外国の方がよく読むフリーペーパーなどに売り込んだりしました。 また日本語がわからなくても大丈夫なネット予約も完備。こうした取り組みの中で、実際に外国のお客様だけで 月に10〜20万と売り上げているスタッフが出てくることで、サロンそのものも外国の方を迎えるのに慣れてきたようで、 今では関西・関東合わせて20名以上のスタッフが対応可能になっています。

また、こうした受け入れ準備を整えるのと併せて、東京や大阪の観光局や旅行会社に働きかけてサロンでの施術を 組み込んだ「Kawaii Tour」というツアーにも協力しています。日本のヘアサロンのサービスやデザインを知ってもらう きっかけになってもらえれば、と考えています。

今ほど、日本のサブカルチャーやサービスに注目が集まっている時代はないと思います。これからオリンピックも迎え、 ますますそうした機運は高まってくると思います。もちろん最初からすぐにうまくいくことはありません。 実際、弊社でも過去2〜3年間、グローバル事業は人材の投資がメインで利益はありませんでした。 でも、スタッフの意識を変化させ、コミュニケーションスキルを身につけ、サロンの環境を整えるには、 地道な継続しかありません。その上で可能性というものが見えてくるのです。

国内市場だけを見ていると、美容室経営はなかなか厳しい面もありますが、「日本にいらっしゃる外国の方も 潜在的なお客様予備軍として、おもてなしをしよう」と考えれば、おもしろい展開も色々考えられます。 そうやってサロンの可能性を考えていくことが、スタッフのフィールドを広げることになると思うので、 今までにないような取り組みにも先人を切ってチャレンジしていきたいです。

インバウンド戦略

現在日本には、たくさんの訪日外国人観光客(インバウンド)だけでなく、移住・滞在している方もたくさんいますが、英語でのコミュニケーションが可能なヘアサロンが少ないため、思い通りのヘアスタイルをすることが出来ない外国人が多いのが現状です。
フォーサイスグループでは、1人でも多く英語を話せるスタッフを増やし、インバウンド美容に対応できるよう強化しています。
積極的に外国の方が集まるイベントに参加し、インバウンドビューティーを知ってもらい美容室に来店してもらうことに成功しています。また、FacebookなどのSNSを活用し、友人の口コミで来店される方も増えてきました。

”Foreign Customers.”

There are a lot of foreigners in Japan but only a few hair salons have staff who speak English. This means it is hard for foreign customers to get the hairstyle they want. Forcise group teaches English to staff so as to communicate with foreign customers easily. The staff also attend International vents and meet a lot of people who then come to our salons. We use facebook, SNS etc.. also many people come from that.

インバウンド戦略

革新的な日本初の美容ツアー Kawaii ツアー!をスタートしました。 
スタッフの英会話力強化

フォーサイスグループでは、英語の講師を在籍させ、毎日スタッフを集め「英会話講習」を行っております。
簡単なあいさつから、美容室でよく使われる英会話に特化して、筆記・実技を訓練しています。英会話能力の高いスタッフから、実際サロンにて外国人と対話する実践も行っております。
目標は、外国の方が”自国で接客を受けているように”リラックスしてもらえる接客ができるまでになることです。当然、海外のヘアスタイルトレンドの勉強も行い、外国のお客様に、どこよりも質のよいサービスを受けていただきます。インバウンド美容、インバウンドネイル、インバウンドアイラッシュ。全てに対応出来るようどの職種でも接客出来るよう日々がんばっています。

“English speaking skills imperative for staff.”

Forcise group has an English teacher and our staff learn English every day.. They learn usual conversation and English for hair and beauty. They also do demo lessons with foreigners at the salon and at special Events. They give real services to foreigners in English. We want to give the highest quality services to foreigners on a level that they have in their own country. Of course, we check the latest hairstyle trends for foreigners and give them high quality services.


グローバル化への意識教育

今後の日本の少子高齢化対策として、美容室のグローバル化は欠かせず、スタッフ一人ひとりが、未来への強い信念を持ち取り組んでいかなければいけません。 これからの美容師は「技術・接客」だけではなく、グローバル化などの社会変化に対応できる人が生き残っていきます。フォーサイスでは、スタッフのグローバル化への意識を高める講習も行っております。インバウンドへ向けた多角的なアプローチが大事。

“The global mind education.”

Japanese hair salons need global services. Each staff member must have a strong mind for their future and must move on to it. Of course, they must have hair and service skills but they also must have the ability to do international services too. Forcise teaches our staff to improve their international thinking.

グローバル化への意識教育

雑誌掲載情報
美容師の海外進出
(派遣・出店)

日本の美容技術は海外に比べとても高いと評価されています。日本人ならではの細やかな技術や質の良いサービスを海外に普及するため、フォーサイスグループは海外進出を目指します。
スタッフの育成が整えば、海外店舗設立、また海外の美容室へのスタッフ派遣を行う海外事業を運営していきます。

“Forcise to open salons abroad.”

Japanese beauty techniques are high quality and Forcise group would like to give foreign customers professional Japanese skill and high quality services abroad. When our staff are ready to “go global,” we will open salons and send our trained staff.

美容師の海外進出(派遣・出店)
美容商品免税店
(2014年10月1日より開始)

当サロンは美容機器、高品質ヘアケア(シャンプー、トリートメント、スタイリング剤、化粧品)などの美容商品国内免税店舗です。各サロンはお買い物、お食事、人気観光スポットの付近にあり、大変便利な所となっております。インバウンド美容のみならず、日本から海外へお土産などお持ちになられる方にも喜んでいただける商品を幅広く取り揃えておりますので、ぜひ足をお運びいただければと存じます。
詳細はこちら>>>

“Tax–free shop (Start from Oct.1st .2014).”

We are beauty salons but also Tax-free shop. Our salons sale wide variety hair & beauty items (such as high quality shampoos, treatments, hair styling items, cosmetics etc.. ) We are sure you love them and also great souvenir for your friends and family. Our salons are located in hot spot in Osaka & Tokyo. Come to our salons and check our beauty items.
for more information>>>

美容商品免税店