HOME > スペシャルメニュー一覧 > ジュースクレンジングで美ボディ美肌に! > 方法&注意

ジュースクレンジングで美ボディ美肌に!〜たった2日のファスティングで驚きの変化〜

  • 特徴
  • 口コミ
  • 商品一覧
  • ヘッドスパメニュー
  • 取り扱い店舗
  • 方法&注意
  • QandA よくあるご質問
  • 肥満度チェック
方法&注意

ジュースクレンジング(ファスティングダイエット)の方法と、ジュースクレンジングをする時の注意事項をご紹介します。

ファスティングダイエットの方法

断食期間中は食事は一切とりませんがドリンク類(ノンカフェインのもの)は飲む事が出来ます。 また断食中には単に水などを飲むだけでは栄養不足ですので、専用のファスティングドリンク(ファステンサポートジュース)を取りながら 行うことをおすすめします。今回は、サンプルプランを2つご用意しました。1つ目は、2日間まとめて断食するプランと、2つ目は約1週間 1食だけ断食のプランです。自分の生活時間や出来そうなプランを選んでオリジナルファスティングをしてみてください。
※2日(6食分)以上の断食を継続的に行わないでください。

ジュースクレンジングのサンプルモデルプラン@(3日間プラン)

1つ目のモデルプランは、準備、断食、復帰の三段階を 3日間で行うジュースクレンジングです。 例えば、土日が休みの社会人の方などは、金曜日に準備に入り、土曜日に断食、そして日曜日に復帰というパターンで行うと、無理なく ファスティングダイエットをすることができます。 また、急に断食をすると負荷が大きいので、断食前の食事は、いつもより食べる量を少なめにして、食事の量を調整しておきます。ファスティング終了後2〜3日はおかゆ程度にする事をお勧めします。

食事 1日目(金) 2日目(土) 3日目(日) 4日目(月)以降
少なめにする 断食 断食 おかゆなど
少なめにする 断食 断食  
断食 断食 おかゆなど 徐々に通常食へ
戻していく

※サンプルプランなので無理なくすすめる日を選んでください。また、体調が悪くなったりした場合は中断してください。

断食時は、「ファステンサポートドリンク」を1日500mL程度を、水で約2倍に薄め、1日5回以上にわけてお食事代わりとしてゆっくりお召上がりください。ジュースの他に、たっぷりのノンカフェインの水分(1日2L程度)を飲みましょう。

ジュースクレンジングのサンプルモデルプランA(6日間プラン)

2つ目のモデルプランは、朝食だけを抜き、ファステンドリンクや水分だけを摂取するプランです。
この時、夕食から昼食の間隔を18時間程度開けるとベストだといわれています。(※あくまで目安です。)
断食といっても、ファステンドリンクや水分を取りながらなのでで無理なく出来るかと思います。
昼食・夕食は通常としていますが、いつもより少なめにするなどすると、ダイエット効果もアップするかと思われます。

食事 1日目(土) 2日目(日) 3日目(月) 4日目(火) 5日目(水) 6日目(木)
断食 断食 断食 断食 断食 断食
通常 通常 通常 通常 通常 通常
通常 通常 通常 通常 通常 通常

※サンプルプランなので無理なくすすめる日を選んでください。また、体調が悪くなったりした場合は中断してください。

断食時は、「ファステンサポートドリンク」を1日160mL程度を、水で約2倍に薄め、朝食のお食事代わりとしてゆっくりお召上がりください。ジュースの他に、たっぷりのノンカフェインの水分を飲みましょう。


ファスティングダイエットでの注意事項

・急に断食をはじめない
急に断食をすると負荷が大きいので、断食前の食事は、いつもより食べる量を少なめにして、食事の量を調整しておきます。
・終了後はお腹に優しい食事を
ファスティングダイエット後は、胃や腸等の消化器官が、固形物を食べる機会が少なくなり、休んでいる状態になります。
この様な時に、終了したからと言って、暴飲暴食を行うと、胃や腸は驚いてしまいます。断食後は重湯やおかゆ、消化に良い食べ物を少量から食べる必要があります。
・健康な状態の時に行う
ファスティングダイエットははあくまで健康な方がダイエット、健康維持、疾患予防を目的としてするものなので、健康状態ではない場合は、やめておきましょう。
・生理が終わってから1週間位の痩せやすい時期に行う(生理中・妊娠中は行わない)
女性は、ホルモンバランスによって痩せやすい時期がありますので、その時期にダイエットを行うと効果的です。
・ファスティングダイエット中・前後は激しい運動を控える
ファスティングダイエット中は、体を動かすための栄養がないので、激しい運動は控えてください。
・期間を延長したり、間違ったやり方をしない
短期といえども、自己流でのファスティングは危険をともないます。また、ファスティング後に手順に沿った回復食を摂らないと体に悪影響をおよぼしかねません。
・たばこ、コーヒー、お酒など嗜好物を控える
ファスティング中(断食中)は、コーヒー、紅茶などのカフェインを含む飲料、お酒などのアルコール類、喫煙などを控えてください。
また、牛乳・豆乳なども控えるようにしてください。
・ファスティング中に好転反応(頭痛など)がでた場合
体の悪い部分が良くなる反応を「好転反応」といい、症状としては体のダルさ、眠さ、下痢、頭痛、吹き出物がでる場合があります。
断食によって頭痛が起きた場合、低血糖と脂肪分解が起きていると思われるので、少し多めにドリンクを飲むなどで対処してください。市販の頭痛薬等は飲まないでください。
また、飴(ブドウ糖が入っているもの。白砂糖やカロリーオフのものは避ける)を召し上がると改善される場合がございます。
好転反応があまりにひどい場合は、中断しましょう。場合によっては、病院へ行き適切な治療を受けてください。